2015年5月17日日曜日

聖剣伝説 RISE OF MANAのvita版をさわりだけやってみた感じ

聖剣伝説のスマホゲーRISE of MANAがvitaに移植されたそうなのでやってみた。

スマホでアクションRPGっていうのも操作性とかからして難ありそうだったものをvitaに移植するってことは相当操作性よくなるんだろーなーと勝手におもってタダだし試しにやってみることに。 

結果として触ってみて得た感想としては全くダメな感じしかしない。
自分はこういうガチャ用コイン課金モデルみたいなのはとことん合わないようだ。 現在パズドラとかモンストとか(モンストはやってないので課金モデルがどんなのか知らんが)のガチャ系はほんと嫌いなんだなーっていうのを再認識した。

ストレスがたまるのはvitaのゲームで回線を要求してるところとロードがやたら差し込まれる(頻度がめっちゃ高い)のとフレームレートの低さ。そのおかげかアクション部分の爽快感がすこしスポイルされている感じを受けた。 3D系のアクションゲームだと6以降のイースシリーズなどを見習ってもらいたいほんとに。

感動したのは聖剣伝説のお約束として最初に滝から落ちるっていうのがあったのだが、それをまだ踏襲してることぐらいか。 プレイするとこまではいったからプロモーション的には良かったかも。キャラも可愛い感じにできていていいんじゃないでしょうか。 ただ自キャラがどういう風に使うのか分かる前から「一度設定したら変更できません」とかいって最初に決めさせられるのはどうかと思った。いつでも△ボタンで切り替えられるなら悪魔のほう女の子にしても良かったなーとか思ってもそのころにはもう変えられないっつー不親切システム。 

いいとこ書きたいのに不満しか出てきてないわ。
まだ書くことあるけどもうやめよう; だめだこりゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿