2015年5月17日日曜日

聖剣伝説 RISE OF MANAのvita版をさわりだけやってみた感じ

聖剣伝説のスマホゲーRISE of MANAがvitaに移植されたそうなのでやってみた。

スマホでアクションRPGっていうのも操作性とかからして難ありそうだったものをvitaに移植するってことは相当操作性よくなるんだろーなーと勝手におもってタダだし試しにやってみることに。 

結果として触ってみて得た感想としては全くダメな感じしかしない。
自分はこういうガチャ用コイン課金モデルみたいなのはとことん合わないようだ。 現在パズドラとかモンストとか(モンストはやってないので課金モデルがどんなのか知らんが)のガチャ系はほんと嫌いなんだなーっていうのを再認識した。

ストレスがたまるのはvitaのゲームで回線を要求してるところとロードがやたら差し込まれる(頻度がめっちゃ高い)のとフレームレートの低さ。そのおかげかアクション部分の爽快感がすこしスポイルされている感じを受けた。 3D系のアクションゲームだと6以降のイースシリーズなどを見習ってもらいたいほんとに。

感動したのは聖剣伝説のお約束として最初に滝から落ちるっていうのがあったのだが、それをまだ踏襲してることぐらいか。 プレイするとこまではいったからプロモーション的には良かったかも。キャラも可愛い感じにできていていいんじゃないでしょうか。 ただ自キャラがどういう風に使うのか分かる前から「一度設定したら変更できません」とかいって最初に決めさせられるのはどうかと思った。いつでも△ボタンで切り替えられるなら悪魔のほう女の子にしても良かったなーとか思ってもそのころにはもう変えられないっつー不親切システム。 

いいとこ書きたいのに不満しか出てきてないわ。
まだ書くことあるけどもうやめよう; だめだこりゃ。

2015年5月2日土曜日

GWですなぁ

さてさて久々の更新ですよ。
っていう前置きは下手すると毎回書くことになるので今後やめます;

休みに入って仕事の忙しさというのから一時的に離れてるので、最近の個人的ゲーム事情をつらつら書いていきたいと思います。

進行中のゲームとしては

PS4ファークライ4。PSvitaのリモートプレイで簡単なお使いクエストをこなし、難しめの戦闘となるとテレビでデュアルショック4を使ってやるスタイルとなっています。

相変わらずのStarCraft II。1on1は基本やらないので一緒にチーム戦やる人がいればやる感じです。スタッツみると4000回近いゲームプレイ数…。何時間になるのやら。ひと試合の平均時間はどれくらいだろう? 20分くらいかな。計算しないようにしよう。
世の中にはもっとすごいプレイ時間のひとはたくさんいるし。うん。

ブリザードゲーのF2Pカードゲームherthstone。これはマジックザギャザリングを簡略化してスピード感が増したようなカードゲームで非常に面白い。これはマジックザギャザリングとかカードゲームにハマったことあるひとにはおすすめです。最近スマホ版も出た。スマホ版は操作のステップ数が増えていてちょっと違和感あるけど、出先でプレイできるのはありがたいしアドバンテージでかいと思います。
iPadとかのタブレットにも対応してるので、リビングとかでも普通にプレイ可能。んでひと試合10分くらいなので手がる手がる。これは捗る。

PC版が最近でたグランド・セフト・オートV。これはちょっと販売の宣伝にやられた感じだけどまぁ普通の面白さ。箱庭ゲーの面白さのベンチマーク的なもんかなぁ。個人的にはウォッチドッグスのほうがしっかりやったかもしれん。ロックスターエディターなる動画制作プラットフォームみたいなのが実装されてて気になって買ってみたけど、自由度が高いのか低いのかまだよくわからん。

相変わらずたまにやってるのがウル4。PPが1500まで来たけど、こっからはコンボとかの練習をしないとぜんぜん上がれる気配がない感じ。差し合い、読み合いは互角かちょっと勝ってるかなぁっていう試合もチャンスの時のコンボダメージで負ける。うーむ。

ほかにも進行が止まってるゲームはあるけど進行中というより積んでるというほうが近い感じかなー。