2014年3月21日金曜日

LINEのパズルボブルが往年のパズルボブルと違ってわりとおもろい

最近LINEのゲームが増えてきましたね。
LINEに登録してあるフレンドや家族から招待とかきて始める事も多いです。
完全にLINEの戦略に乗っかってますなw;

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/line-pazuruboburu/id671582002?mt=8

android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.SJLGPB&hl=ja

パズルボブルはFacebookのゲームにあった「bobble island」ってのに似てます。というかあっちがもとのアーケードのパズルボブルに影響うけてそうな感じです。まぁ逆輸入的な感じでしょうか。

パズルボブルはもともとアーケードゲームですが、パズルボブルの前身にあたる「バブルボブル」というアーケードゲームが好きでした。1画面固定ステージで、ステージクリアがたのアクションゲームで泡を吹く恐竜二人が敵を泡で包んだ後踏みつぶしたり下から突き上げたりして泡を割る事で敵を倒せる…そんな仕様でした。


スクロールしない画面固定型のアクションゲームとしてはかなり面白いほうだったと記憶してます。マリオブラザース(スーパーじゃない)も固定画面型アクションですね。

アーケードのパウルボブルは時間内にすべてのバブルを消すとステージクリアとなり、時間が経つと上から新しいバブルが増えて来てだんだん迫って来て一番下まで来てしまったらゲームオーバーだったと記憶してますが、今回のLINEのパズルボブルは時間制限が主ではなくて、打てるバブルの数が決まっていて、いかに節約してクリアを目指すかっていう感じになっています。
バブルをすべて消すだけが目標ではなくて、特定のバブルのなかに「ちゃっくん」なるキャラが閉じ込められてて、その特定のバブルをすべて消す事でクリア出来るステージも多いです。

最近の無料ゲーにありがちなプレイ回数があらかじめ決まっていて、時間で回復するタイプですが、空いた時間に5回までプレイできるのであんまり障害には感じませんね。

ステージが島にわかれていて、その島ごとに特殊なバブルが出て来てステージにバリエーションを持たせている感じです。消してしまうと持ち玉が減ってしまうマイナスが書かれたバブルとか、逆に増えるバブルとか、触ったら同じ色のバブルがすべて消える強力なものもあったりしました。

パズルボブル昔やっててハマった人などは手を出してみるのも一興かと。

0 件のコメント:

コメントを投稿