2012年1月19日木曜日

ALIENWAREの小型デスクトップが発表されたみたいです。

4gamerのこの記事に乗ってました。



ALIENWARE X51



XBOXみたいなカタチの小型PCですね。
ウチのPVはいま普通のATX自作機ですが、グラボの性能さえ妥協すればこういう小型マシンもアリといえばアリかもしれません。
リビングのゲーム用PCといったところでしょうか…。

グラフィックチップは標準構成ではGeforce545、BTOで555とかいうチップも選べるみたいです。今の自分のマシンのGeforce560Tiと比べると型番的には下っぽい雰囲気ですが処理性能のほうはどの程度なんでしょうねー。

HDMI接続とかできて、そこから音も出せて、あとはXBOXのコントローラとかキーボードマウスを繋げてリビングのTVでゲームやる…っていうのもわるくありませんね。
(いまの部屋は1Kでリビングとかないけどw)

とりあえず海外のみの発表で日本で発売するかどうかは不明なんですね。
標準構成で699ドルだそうなので、日本で出るとすれば5万円台といったところでしょうかねぇ〜。

悩ましいかぎりです。

◆Dellのプレスリリース

追記

とおもったら翌日にフツーに日本でも発表されました。

4gamerの記事より

日本仕様ではCPUがi5に強化されていて、値段が予想より高い8万円。
i3だとスペック的に不安感がPCゲーマーの場合だとあるかもしれないので、妥当な線かもしれませんな。でも699ドルだった物が8万円になるのは若干納得いきませんけど…。

2012年1月12日木曜日

Razerから変なカタチのゲーム用タブレットマシンが出るみたいですね。


4gamerの記事で見かけたのですがタブレットの左右にwiiリモコンみたいなものをつけた製品をRazerが今年中に出すみたいですね。

PCゲームが動くってことみたいなのでAndroid端末っていうわけではなさそうなので、XBOXとかのコントローラで動くようなゲームならプレイしやすいかもしれません。個人的にはFPSなどはPC上でやるからにはマウスでプレイしたい感じですが…。

RTSとかのジャンルはどういう風にプレイするんだろう? タッチパネルで操作するのか…詳細は不明ですが新しい操作体系になるんでしょうなーきっと。
デモ機とかが出て来たらぜひ触ってみたいですねー。


動画をさらに探してみたらキーボードとマウスにも対応してるみたいですね。PCはPCだから当たり前なのかな。スタクラ2が出来る程度のスペックならちょっと欲しい感じです。


この動画だとsteamのゲームが動いてる様子も見えます。動画見てたら結構欲しくなってきましたw グラフィック性能とかが気になりますなぁ。

2012年1月5日木曜日

あけましておめでとうございます

このブログ初めてまだ3ヶ月くらいなのにもう投稿がぼちぼち少なくなっているという三日坊主ぶりですが今年もどうぞよろしくおねがいします。

正月はけっこうリアルが忙しかったので、エントリーを書くひまが無かったですよ。
あとブログを更新するっていう「習慣」がまだついてる訳じゃないので、ぜんぜんアタマにも登りませんでした;

忙しかったと書きましたがゲームはやってましたよ(何

まずは年末のsteamセールで勢いで買ってしまったスカイリム。
新しい作品なのに30%オフとかになってて、日本語に普通に対応してるっていうならそりゃ買うでしょう。
購入してDL中に撮った記念SS

「RAGE」も日本語対応してて気にはなっていたんですが、あれは何故か79ドルが定価で下がってても59ドルとかで、あんま魅力的には移りませんでした
。(しかもなぜかRAGE含むid softwareコンプリートセットの方が値段が安いという謎仕様。日本の販売代理店の圧力でもあってRAGEの値段が高いんでしょーか…)

とりあえずスカイリムですよ。このエルダースクロール? シリーズっていうのは初体験なんですけど、FPS、TPS視点でのメレー武器(剣とかハンマーとか)使用の戦いってあんま面白くなさそうだなーって思ってました。でも案外FPS視点はともかく、TPSにしてれば戦えないことも無い感じですね。アクション性はそんな高くないですけど。
魔法とか弓矢とか、何かを撃って遠くの的に当てるときはFPS視点、近くの敵と殴り合う時はTPS視点といったカタチで使い分けられるのもいいですね。
システム的にはfallout3をプレイしたことがあったのでほぼそれと同じ感じでした。
しゃがむと隠密状態になるとか、マップで拠点を見つけるとそこに次回からはワープできるとか。

スカイリム地元民の「ノルド」のおっさんを主人公にしてプレイ。
最初は魔法メインでいこうと思い、ローブとか着てます。

発売されてちょっと経って、レビューを見てからの購入だった訳ですが、「自由度が高い」っていう点がどのレビューでも目立った感じで、その点は心配してなかったんです。でも自由度が高いってことは、主人公キャラがあんま目立たない一般人のおっさんから始まるのかなーとか勝手に想像してたんですが、序盤でいきなりドラゴンが出て来て、それを倒したと思ったらドラゴンの力を吸い取って…みたいな、常人では無い能力を序盤から発揮する主人公=おれの作ったキャラっていうかんじで結構特別扱いキターっていう興奮がありますねぇ。

20時間くらいプレイしてもまだ序盤な雰囲気。別の種族の主人公にして何週かしてみるのもいい感じかもしれません。こりゃ暫くこのゲームばっかりプレイすることになるかもしれませんな〜。