2011年11月24日木曜日

「F1 2011」買いました

ちょっと前に発売されてたコードマスターズの「F1 2011」をsteamでDiRT3とセットでセールやってたので購入しました。
steam版だと当然英語版なのでなにがなんだか判らん感じですけど、このゲームのwikiのほうに日本語化の記事が乗っていたので日本語化してプレイしています。

以下引用
↓をバックアップ
\frontend\b_persistent_eng.pssg
\frontend\fonts\font_list_eng.xml 
\language\language_eng.lng 
\system\render_texture_fonts_eng.xml
 
バックアップしたら上記ファイルとjpn関連を入れ替える。 
対応するjpnファイルは以下 

\frontend\b_persistent_jpn.pssg 
\frontend\fonts\font_list_jpn.xml 
\language\language_jpn.lng 
\system\render_texture_fonts_jpn.xml

入れ替え作業は、まずengファイルをバックアップした後削除し、対応するjpnファイルをコピーして、
コピーしたjpnファイルを先ほど削除したengファイルの名前に変えるだけです。

だそうで、日本語のテキストファイルとかも一緒にインストールされるので、そのファイルのjpnになってる部分をengとかにリネームすればOKみたいです。

steam版だとなんかパッチがあたると勝手に更新されるので、パッチが当たるたびに上記の作業が必要になるのかもしれません。(未確認ですが直近のパッチリリース時にリネームしたファイルがもどされてしまったので)

F1のゲームってゲームボーイとかの時代にやったことがある程度で、レースゲーム自体はやるけどもグランツーリスモやらフォルツァモータースポーツなどのハコ車のレースゲームばかりプレイしていました。

基本はクルマの操作なのでスローイン&ファストアウトなどの基本は一緒ですけど、グリップ感が全然違って、ドリフト的な動作に入ると即スピンみたいな感じですねぇ。オープンホイールってこういうものなのかもしれませんが、最初はなかなか戸惑ってしまいますな〜。感覚としてはGT5のカートに近い感じ。当たり前か。

カメラの位置がF1の中継のカメラ位置と同じ位置がデフォルトなので、なんか中継を見てる感じと似た雰囲気

キャリアモードは最初は下位チームからスタート。最初はロータスを選択してプレイ開始。っていきなり一個失敗してしまいました。チームロータスにはブレーキの回生エネルギーを利用してバッテリーに充電し、そのパワーを使って一時的にパワーを得る「KARS」が搭載されてないっぽいです。リアウィングをパカって開いて空気抵抗を減らして直線のスピードを上げる「DRS」は使用できますが、KARSのほうは今シーズンのチームロータスに何か問題があったのか搭載されてません。

最初のプレイだったので難易度を下げた所為か下位チームでも優勝できてしまう感じもゲームならではの感覚というか、ひいきのチームがある場合はすごい楽しいですねコレ。

0 件のコメント:

コメントを投稿